冷え性で足が冷たいときの対策方法

自分は冷え性だ、と自覚するキッカケとなるのが、
『足が冷たい』ということです。

 

足が冷たくて眠れない…といった
経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

足は心臓から遠く、命に関わるような大事な臓器もないため
血行不良になりやすいです。

 

身体が冷えていると、脳は生命維持に必要な臓器から
優先的に温めるように指示を出すのです。

 

足は後回しにされてしまうので、
冷え性になりやすいというわけです。

 

足の冷え性を改善するには、
何よりもまず『足の角質ケア』を行いましょう。

 

足に角質がたっぷりついていて固くなっていると、
それだけで足の血行は悪くなってしまうのです。

 

足の角質をとるときは、乾いた状態で行うといいですよ。

 

角質専用の機械などを使うと、簡単に除去することが出来ます。
角質を除去したあとは、足湯がおすすめです。

 

42℃から43℃くらいの少し熱めのお湯で、
1日10分くらいを目安に行ってみてください。

 

また、血行を良くするにはお風呂が効果的です。

 

ただのんびりつかるよりも、
熱めのお湯に3分つかって冷たいシャワーをあてることを繰り返すと、
より血行を促進することが出来ますよ。

 

もちろん、締め付けの少ないゆったりめの
暖かファッションを心がけることも大切です。

 

足が冷たくて眠れないというようなときは、
足の血行を良くするマッサージを行ってみましょう。

 

つま先を伸ばしたまま仰向けになって足の甲を伸ばしたり、
立ったままかかとを30回〜50回くらい上げ下げしたりしてみましょう。

 

それだけでも十分血行が良くなったのを実感出来ると思います。
足の指を1本ずつ回したり、足の爪を揉むことも効果がありますよ。

 

次のページでは、冷え性対策に人気めサプリメントをご紹介します。