冷え性を治す食べ物の特徴とは?

冷え性を治すには、やはり食べ物は重要です。
わたしたちの体は、食べたものが大いに関係して出来ています。

 

どんな体になるのかは、食べ物によるといっても過言ではありません。
つまり、『冷え性』も食べ物で治すことが出来るのです。

 

今回は、『冷え性を治すことが出来る食べ物』をご紹介します。

 

冷え性を治すことが出来る食べ物は、主に

 

  • 寒い地方でとれるもの
  • 冬が旬のもの
  • 色が濃いもの

 

です。逆に

 

  • 暑い地方でとれるもの
  • 夏が旬のもの
  • 色が薄いもの

 

は体を冷やすので注意してください。

 

このことから、冷え性を治すのにおすすめの食べ物は、
梅干し・生姜・ニンニク・トウガラシ・こんにゃく・ゴボウなどがあります。

 

梅干しは温めると更に良いですよ!

 

また、体を温める食べ物には、肉類・ハム・卵・チーズ・
ソーセージなどもあります。

 

しかしこれらは食べ過ぎると『血液をドロドロに』してしまうので、
冷え性を治すために食べるのはおすすめできません。

 

血液の流れが滞ると、冷え性は悪化していきます。
血液循環を良くすることが、冷え性改善の第一歩でもあるのです。

 

以上のことから、冷え性を治すためには『体を温める食べ物』を
日々の食事に取り入れることが大切である、ということが分かると思います。

 

簡単な方法だと、チューブに入ったニンニクや生姜を使うのが良いと思います。
少量でも良いので、毎日取り入れていくのが理想的です。

 

脂っこいものばかり食べないで、
血液をサラサラにする和食をメインにすることも忘れてはいけません。

 

現代の日本の食事は欧米化が進んでいると言われています。
それも、冷え性の原因なのかもしれません。

 

次のページでは、冷え性対策に人気めサプリメントをご紹介します。